天台宗とは-吉田山薬王院は天台宗のお寺です。

天台宗の教え

横川中堂

立教開宗

天台宗は中国の天台智者大師が、お釈迦様御一代の教えのうち、最もすぐれた法華経を中心として天台宗をお開きになり、其の後伝教大師が中国に渡られ、これを伝えて、延暦廿五年一月廿六日、日本の天台宗を開かれ、日本仏教の根源となった宗旨であります。
天台宗は、この法華経にもとづく一乗の教えを根本として、密教、禅法、戒法、念仏などをその実践の法門としています。

本尊

天台宗のお寺のご本尊は、阿弥陀様、薬師様、観音様、地蔵様、不動様などをおまつりしてありますが、それらは皆、法華経に説かれている、久遠実成(くおんじつじょう)の釈迦牟尼如来(しゃかむににょらい)(永遠のいのち、無限の力をそなえられた宇宙の本体としてのお釈迦様)と同一体であるから、すべて縁に従ってこれらの仏、菩薩を敬信します。

教義

此の世のいろいろの異なったことがらは、すべてうつりゆく仮りの相(すがた)であるが、それはそのままに仏のいのち、すがたである。
私共は皆仏の子として、仏と同じ仏性を生まれながらそなえているので、人々がこの理りにめざめて、仏の道にいそしみはげむように説き導くのが、天台宗の教えである。

経典

俗に朝題目、タ念仏とも称される如く、法華経の諸法実相(すべてのものは、みな仏そのもののあらわれである)の立場に立って、すべての大乗経典を敬い読誦教します。

祖師

天台宗の宗祖は伝教大師最澄上人です。最澄は天台教学を極めたいと願い、桓武天皇の援助を受けて留学僧として唐に渡りました。その後多くの経典・仏具と共に帰朝した伝教大師最澄上人を天台宗では「宗祖」と仰いでおります。また、天台の名の源となった天台大師智顗を「高祖」として仰いでおります。

宗祖 伝教大師最澄上人
(766~822)
高祖 天台大師智顗(ちぎ)
(538~597)
伝教大師最澄上人 天台大師智顗

宗祖・伝教大師最澄上人より現在まで続く天台宗の法灯継承者を天台座主と称し、伝教大師の法脈を継がれた義真和尚を初代天台座主となり以降、現在の半田孝淳猊下が第256世天台座主に就任しています。

天台宗の総本山

天台宗の本山は、宗祖伝教大師最澄上人ご開山の比叡山延暦寺です。
はじめ現在の根本中堂となる一乗止観院を創建して比叡山を開山しました。時の桓武帝より日本の国を守る寺として大きな期待をされ、その時の年号「延暦」を寺号として賜りました。
比叡山は日本仏教の宗家ともいうべきもので、法然・日蓮・親鸞・道元など日本仏教の各宗の祖師がここで学び、あるいはここで出家得度しています。

比叡山延暦寺 総本山 比叡山 延暦寺
宗祖 伝教太師 最澄上人 ご開山
開山 788(延暦七)年
〒520-0116
滋賀県大津市坂本本町4220
TEL: 077-578-0001
URL:http://www.hieizan.or.jp/
  • 薬王院の文化財
  • 薬王院の永代供養墓「瑠璃浄苑」
  • 薬王院の行事
  • 天台宗・一隅を照らす運動
  • 青蓮院門跡